Skip to content

名刺データをSalesforceで活用してユーザーの時間を節約

Scan to Salesforceで名刺データを手軽にSalesforceにアップロードし、時間節約にお役立てください。
詳しくは[字幕]をオンにして動画をご覧ください。

ユーザーによるスキャン・アップロードで
名刺データを一元管理

ユーザーがアップロードした名刺を確認し、リードと取引先責任者を作成します。
また、​各ユーザーが利用可能なオブジェクトも指定できます。

スキャン

​iOSまたはAndroid端末を使用して、一度に最大4枚のカードをスキャン

​アップロード

名刺データをSalesforceのカスタムオブジェクトにすぐ転送

自動化

手作業によるデータ入力をなくし、生産性を向上

取引先・取引先責任者の
重複作成を避けるために

​取引先責任者をScan to Salesforceから直接作成する場合、取引先を検索して重複を防ぐことができます。レコードをScan to Salesforceから新規作成する場合は、あらかじめ設定された​Salesforceの一致・重複ルールが適用されます。

名刺データをSalesforceに追加して、顧客データをより正確にする

顧客データの手入力には、間違いや抜け漏れのリスクがあります。Scan to Salesforceなら、名刺に印刷されたあらゆるデータをSalesforceに追加でき、データの正確性と優れたパーソナライゼーションを担保します。

自社の入力規則に沿って、レコードを作成

リードや取引先責任者を作成するときは、レコードの所有者やリードソースだけでなく、
カスタムフィールドにも値を入力することができます。

​ユーザー権限を
制限する

Salesforce管理者は、取引先責任者やリードへのデータ転送を制限したり、ユーザー同士が互いの名刺を閲覧できないよう設定したりすることができます。

高度なセキュリティー
対策

​Scan to Salesforceは、TLSセキュリティを使用するサーバーと通信しています。​当社ではユーザーの名刺データを管理することはありません。​データはユーザーのものであり、外部から安全に保護されます。

他のソリューションを見る